在宅ワークという手段

仕事と家庭を両立させるというのは、働く女性なら誰しもが持つ悩みです。
どこかの企業や会社に勤めていればある程度の残業は生じてしまいます。しかし、子供が小さい、親の介護があるというように家庭にすぐに帰らなくてはならい事情があるときは、会社で配慮がなかなかできない場合もあります。
社風として家の事も優先できる雰囲気があれば定時上がりや早退もしやすいですが、その雰囲気がなく残業をするのが当たり前という会社では、なかなか家庭のことをすることが難しくなります。

今の時代、女性への理解は高まったものの、家事を最優先できる会社は多いわけではありません。
そんな中、もし手に職があるのであれば在宅ワークに切り替えるのも一つの手です。在宅ワークであれば自分の都合に合わせて仕事に取り組むことができます。家族に急病や用事ができたときもすぐに対応することができるのが魅力的です。

ただ、当然デメリットもあります。フリーランスの在宅ワークの場合、働いて結果が出なければ収入には反映されません。家の事を優先しすぎて仕事ができないとなると、一気に収入面に打撃を受けることになります。それは自分が体調を崩したときも同様で、納期が近くても代わりに誰かかがこなしてくれたりはしません。
在宅ワークはワークバランスを取りやすい働き方であり、働けば働くほど収入を得ることはできる働き方です。その一方で社会保障のない不安定な働き方でもあります。
働くばかりではなく家の事、家族の事を考えたいというのであれは、メリットデメリットを考慮しながら在宅ワークにワークバランスの可能性を見出してみても良いかもしれません。

Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.